育毛剤 最新ランキングコラム 歌

育毛剤 最新ランキングコラム 歌

育毛剤 最新ランキング コラム 歌

 

最近昔の音楽を聴く事が趣味になっており、休みの日の度にネットで○○年代の流行り曲などを探して楽しんでいるのですが、その際にとても衝撃的な曲を見つけたのでご紹介します。
かなり昔の歌ですが、ブリーフ&トランクスという面白い名前のアーティストをご存知でしょうか。
彼らは日常的な事をユニークに歌い上げるフォークデュオらしいのですが、彼らの曲の中にハゲの心境を歌った曲があるんです。
曲名は「小フーガハゲ短調」...なんというかどうしてこうなったというか、ハゲをバカにした曲名ですね。
内容は、ハゲになって辛い心境や、髪のある人に対しての妬み嫉みを真面目にふざけて歌っているんですが、その中に、他者の髪の毛を欲しがる歌詞があるのですが、実は私も同じような事を思ったことがあります。
私は今五十代なのですが、髪はもう地肌の面積の方が多いくらい、ハゲています。
自分の父親も祖父もハゲなので、遺伝なのだと諦めていました。
しかし、私にはどうしても許せない言葉があるのです。
それは妻がよく言う台詞で、聞く度に腹正しさを必死におさえています。
女性はよく、年をとると白髪が増えて嫌だとか言いますよね。私の妻もそうです。昔はとても綺麗な黒髪だったのに、今は白髪染めをしないといけない程白髪があるのがとても嫌だそうで、よく、鏡の前でまた白髪が増えていると文句を言っています。
でも私からすれば、髪があるだけいいと思うんですよね。
髪がなければ染める事もできませんから。
そんなに白髪が嫌いなら、いっそ抜いてハゲてしまえとまでは思いませんが、ハゲの前でああいう台詞を言うのは止めて欲しいですね。
最近は妻も諦めたのか、昔ほどは言わなくなってきていますが、なんとなくこの小フーガハゲ短調を聞いて、当時の複雑な心境を思い出しました。
精神衛生上良くないので、いっそ育毛剤でも買いに行こうかどうか、今更考えています。
残っている数少ない髪達のためにも。

最近は育毛剤も格段に進化しているみたいですね。同じ育毛剤でも、頭皮につける液体だけでなく飲み薬もあるみたいですね。
ドラッグストアに売っているのかどうか分かりませんが。
飲み薬の方が、効果が出やすいと聞いた事があるので、副作用が強くないのであれば、やってみる価値は多いにあるかもしれません。
色々書きましたが、まだこの曲を聞いた事のないハゲの方にはゼヒ、この曲を聴いて、こんな風に言われたくない!と私のように脱ハゲの意欲を燃やして欲しいです。

 

【関連記事】
育毛剤新常識がポリピュアを推す理由
育毛剤新常識 〜2016年最強の育毛剤〜
AGA押し売りトラブルに気をつけろ!
フィンジアのお得購入はこちら
ポリピュア新常識 全額返金保証
ポリピュア 必勝克服
育毛剤新常識